忍者ブログ
HOME Admin Write

いろいろとツメが甘い砂糖子(さとこ)のぼやきブログ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「え?お父さん、死んだんとちゃうかったん?」

実家の食卓で朝食を食べようとしてふと左隣を見ると、10月に亡くなったはずの父が新聞を広げ、こちらを向いて座っていた。亡くなった時には抗がん剤でハゲちゃびんになっていた頭が黒々としており、黄疸で真緑だった顔もなんだかつやつやだ。

「いやあ面目ない。実は、生きておりましたとさ。はっはっはっ、歯が白い~♪」

生前同様、真面目な顔で胡散臭さ丸出しの父。だが、歯が白い~・・・などと照れ隠しで歌っている場合じゃなかろう。あんな盛大に(?)葬儀を執り行い、おまけに私は父のお骨(コツ)をガリガリ齧っているのだ。あのお骨はいったい誰のだったというのだ?

「ああ、おねえはん。あれは別人のん。」

「ぶげ。」

思わず噴飯した私。なぜか得意げな父は続ける。 

「焼かれたんは別人の死体や。入れかわってたんや。あの病室で臨終を迎えたふりをして、わしはそのまま階下の特別手術室で最新の極秘治療を続けてたんデスヨという訳や。ようやく完治したから戻ってきたんやけどどうや。すごい話やろ。」

「・・・・うそやー。」

「うそやあれへんがな。おねえはんはおとうはんを信じてくれへんのか、寂しいなあ。おヨヨ。」

オイこら、泣くな、父。・・・変な泣きまねをし続ける父を尻目に席をはずして冷蔵庫へマヨネーズを取りに行くと、キッチンで祖母がお茶碗を洗っていた。ちなみにうちの父はマスオさんと同じで、養子ではないものの、妻(私の母)の実家に同居していた。いや、している?

「シゲルさんが生きてはったなんてびっくりしたわ。」

「おばあちゃんも知らんかったん?なんで今まで隠してたんやろ。」

などと立ち話していると、遠くから子供の泣き声がきこえてきた。娘だ。ぼんやりとした意識の中で泣き声のするほうへ頭を向けたら、ちょうど階段から降りてきた母と目があった。母は憑きモノが落ちたかのようにさっぱりした、そしていままでに見たこともないようなやさしい笑顔をこちらにむけた。何か声をかけようかとも思ったが、娘の泣き声が大きくなったので慌てて体をひねったら私の母乳を必死に飲む長女が胸の中にいた。
ああ、私は夢を見ていたんだ、と、その時ようやく気付いた。だがあたりにはまだカスミがかかっており、私は父が生き返ってくれてよかったという喜びと安堵でいっぱいだった。
 

ベッドの中で娘に授乳しながら少しずつ冴えてくる頭で考えてみると、そういえば、祖母も、三年ほど前に、亡くなっていた・・・。


夢の中の父が若かったのは、最近昔のアルバムをひっくり返していたからに他ならない・・・。


chi.jpg


20数年前の父の写真。
部下か誰かの結婚式で仲人をした時。








chi2.jpg

これは、その神前式での父と母。
「酒飲み」の口をしている父が面白い。






闘病生活一年。
亡くなる寸前まで仕事に行き、
私がアメリカから戻ってきた次の日に亡くなった。

よく頑張ったね、ありがとう。

2009年10月17日午後5時40分。
享年63歳。

戒名、招福院釈教繁。

・・・笑福亭だったらあっちで落語家になれたのに。






このブログ、父に見せるためだけに作ったんだけどな。
唯一の読者は雲の上・・・。

PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧

無題

お父様、ブログを読まなくてもきっとそばにいてくれていますよ。

実は隠れ読者は結構いるのでは!?

無題

お父上亡くなられたのですね。ご冥福をお祈りします。さとこさんがアメリカから帰ってきた次の日に亡くなるなんて、よほどさとこさんに会いたかったのでしょうね。ホッっとされたのでしょう。さとこさんも海外にいながらお父様の最後を看取れてよかったですね。このブログが更新されたということは、さとこさんはアメリカに戻られたのでしょうか。ブログが更新されなくなってから3ヶ月くらいたったでしょうか。双子ちゃんも大きくなったでしょうね。お父様の命は双子ちゃんに受け継がれていますよ。いつもお父様はさとこさんを見守ってくれてると思います。私達は父親が亡くなるという年齢になったのですね。介護の問題もあるし、これからは苦労しそうですね。お互い頑張りましょう。

無題

いやいや。私も読者の一人です。
なかなかブログの更新がなかったので、
どうしてるかなぁって思ってたんだ。
なんだか、とっても心が温かくなる夢だよね。
お父さんもきっと「天国で頑張ってるよ~!」っていいたかったのかも知れないよね。
赤ちゃん達も元気???
またの更新、楽しみにしてるよ~~。

無題

お父さん大変やったんやね。
ご冥福をお祈りします。

麻弥ちゃんもウチもブログ楽しみにしてるので、また赤ちゃんの写真とかのっけて下さいな★
ウチ明日から卒業旅行でグアム行くから、帰って来たらまた写真mixiにのっけるから良ければ見てなー♪♪

無題

お父様、素敵な方ですね。

ブログを読んで下さっていたなんて、砂糖子さんとお父様の絆の深さが伺えました。

お子様が誕生されたり、一時帰国されたり、お父様が亡くなられたり、産後砂糖子さんはご自身のお体を休める暇もなくきっとお忙しくお過ごしになられたのでしょうね。  

お父様はきっといつも砂糖子さんを見守って下さっていると思います。

無題

読みました。かくれ読者でいようと思ったけれど、いたたまれなくて・・
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[10/10 miel]
[02/14 かおり@歌音]
[10/31 あやこ]
[09/20 AIKO]
[09/13 すぎまる]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
砂糖子(さとこ)
性別:
非公開
自己紹介:
男女双子母@千葉
6年間のアメリカ生活を終え、ようやく日本に戻ってきました。なんちゃって声楽屋。
「砂糖子」は「彼岸先生@島田雅彦」より拝借。
(いただいたコメントは放置プレイということで。すみません。)
バーコード
ブログ内検索
P R
Copyright ©  -- 氷砂糖に金平糖 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ